データから企業にとってのWebサイトの重要性を見る!「当たり前の努力」で制覇するWebマーケティング

企業が自社のホームページを開設している割合について、ご紹介します。

全体の約9割の企業がHPを開設

総務省が令和二年度に行った「通信利用動向調査報告書(企業編)」によると、企業が自社のホームページを開設している割合は、90.1%となっており、逆に言えば、企業サイトを開設していない企業は全体の約1割と少数です。国内のほとんどの企業が、HPを開設して情報発信を行っている状況です。

出典:総務省通信利用動向調査報告書(企業編)令和2年

中小企業でのWebサイト活用も年々、増加傾向

Webサイトを開設している企業数を従業員規模別にも見ていくと、従業員規模の大きい企業ほどWebサイトを開設している割合が高い傾向にありますが、中小企業においても、Webサイトを開設している企業の割合が高くなっています。

総務省通信利用動向調査報告書(企業編)

Webサイトの有無が、商品・サービス購入時の安心度を左右する

企業のWebサイトは、その企業がどのようなサービスを行っているかを表し、団体の顔であるともいえます。

今や、情報を収集する際にインターネットを使うことは当たり前となっています。

購入者にとっては、商品やサービスの情報を得るために、企業サイトがあるだけで安心度が高まることがうかがえます。

Webサイトを開設することのメリット

もうすでにWebサイトを運営している方々からすると「そんなことわかってるよ・・」と言いたくなるかもしれませんが、改めてWebサイトを開設することのメリットについて整理していきましょう。

24時間ずっと、営業できる

通常の営業マンなら、営業をかけられる時間は日中の勤務時間に限定されます。ところがWebサイトでは、一日24時間、いつでもアクセスできるため、営業をかける時間を選ばないといったメリットがあります。

企業の信頼性を向上できる

消費者意識調査でも見た通り、消費者は商品・サービスの購入の際、企業サイトでその企業がどのような会社なのか、信頼してよいのかといったことを調べます。企業サイトを開設すると、企業情報や商品・サービス情報等を掲載でき、これらを充実化することで、企業の信頼度を高めることができます。

場所を選ばず発信できる

企業のWebサイトを開設したら、インターネットがつながる場所であればどこからでも、アクセスが可能です。例えば遠い地方や海外に住む人にも、自社の商品やサービス情報を届けることが可能です。

以上、ざっと、Webサイトの重要性や、企業がWebサイトを開設することのメリットなどについて整理してみました。

企業のWebサイトを開設することの重要性についておさえ、Webサイトの運営やコンテンツ掲載に力を入れ、自社の商品・サービスの売上を向上していきましょう。