CATEGORY

会計・資金繰り

  • 2022年12月3日
  • 2023年3月17日
  • 0件

【財務・経営者必見】貸借対照表の役割や目的、確認ポイントについてー会計の基本をわかりやすくおさらい!

貸借対照表とは、何か?ブロックごとに整理しよう 貸借対照表はバランスシート(B/S)とも呼ばれ、企業の一定時点の財政状態を「資産」「負債」「純資産」に分けて計測します。それぞれ資産、負債、純資産と分けて、ご説明していきます。 貸借対照表の資産の項目は、企業のストック資産を表す まず、資産を見ると、会社が集めたお金をどのような状態で持っているのかがわかります。これらの資産は1年以内に現金化することが […]

  • 2022年11月17日
  • 2023年2月16日
  • 0件

資金繰りの面談時に、銀行員が勘定科目内訳書の中で見ているポイント

銀行などの金融機関から資金調達を行うとなった場合には、これまで何も経験がなく、知識を得るわけでなく、なんとなく進めていくと、失敗してしまうことも多いものです。資金調達を行う前には、金融機関に対し幅広い知識を持ち、スキルも必要です。 融資審査の際には、決算書はしっかりとチェックしている人が多いかもしれませんが、勘定科目内訳書はそれほど気にしていないと言う人がいるかもしれません。実は融資の審査において […]

  • 2022年10月8日
  • 2023年1月3日
  • 0件

注意!会社の決算後に手元に残るキャッシュが少ないと危険な理由

  資金の円滑化にはキャッシュに余裕が必要! 企業が経営を継続するには、自己資金に関して慎重な計画が必要になります。金額的に充実しているほど多彩な戦略をとりやすく、そのためにスムーズな利益の獲得を続けることが大事です。 資金繰りを円滑化するには、キャッシュに余裕を持たせることが欠かせません。 融資を受けている場合でも適切な返済のペースを割り出し、着実に遂行していくことが条件になります。も […]

  • 2022年10月3日
  • 2022年11月9日
  • 0件

流動比率や当座比率は融資審査でも重視され、経営体質の安全性がわかる指標である!

経営体質は常に見直し、そして安全性を高めることが大切だといえます。そのポイントの1つとなるのが流動比率で、流動比率を高めることが経営の安定化を図ることに繋がります。 流動比率とは? 流動比率とは? 計算式について、流動比率は流動資産÷流動負債×100で算出できる数字です。 流動比率は端的にいえば財務状態を把握する為の指標で、例えば銀行が融資を判断する際に、経営の安定性を測るヒントとなります。一定の […]

  • 2022年9月30日
  • 2022年11月9日
  • 0件

銀行員が融資をする際にみる決算書のポイント~「本業で稼いでいるか?」

融資を通すためにも、まずは銀行員がチェックする決算書のポイントを押さえよう! 銀行員が融資を判断する際にどこを見ているのか、それは本業が儲かっているかどうかがポイントとなります。融資判断を行う銀行では、実は決裁に何人もの人が関わっており、それこそ稟議書を回して行われているとされます。銀行員を始めとして、その上司や融資係と管理者、次長に支店長もはんこを押さなければ、融資は認められないわけです。会社の […]