融資の審査で疑われる粉飾決算とは?資金繰りに影響大で要注意!

NO IMAGE

粉飾決算とは?

粉飾決算とは会社が融資を受けやすくしようと、実際に売り上げた金額よりも多めに決算書に記載する、赤字を黒字にするなどして、自分の会社の財務内容がよく見えるように操作を行うことです。意図的にではないにしても粉飾決算を行ってしまう会社は、一定数あると言われています。

中にはニュースになるような大胆なケースを行う企業もあり、年商5000万円の会社が粉飾決算を行い年商5億円に修正したケースもあります。粉飾した決算書をもとに、1億円の融資を受けた事例なども報告されています。取引する銀行ごとに異なる決算書を作り、提出した銀行から借りる金額は正しく記載し、それ以外の金融機関からの借り入れ金額を実際よりも少なくごまかし、負債総額を実際よりも少なく見せることもあります。

このような粉飾決算の具体的な手法については下記のものが挙げられます。

①減価償却費の未計上

その手法の1つは、減価償却費の未計上です。減価償却費とは、機械装置や建物、車や設備備品など、長期間授業で使うものを税の法律で定められた耐用年数に応じて、少しずつ経費に落とす会計処理の方法です。

具体例を挙げると、自動車の場合には6年、木造家屋は22年などと言うように、毎年少しずつ経費化する必要があります。この減価償却費の未計上、つまりは減価償却費を計上しない手法は、粉飾の手口として知られているものの1つです。

①-1 銀行はどうやって見抜くのでしょうか?

この減価償却費の未計上を、銀行側はどのように見抜くのでしょうか。その重要な資料の一つが固定資産台帳です。法人税を申告する場合には、固定資産台帳を作成した上で添付する必要があります。この固定資産台帳には具体的な備品の名前、取得した年月日、償却方法いや耐用年数、取得日額等が記載されています。ここで計算された資産と減価償却費の合計が、会社の決算書の損益計算書に記載されます。会社は所有する設備の一覧を固定資産台帳で備えつける必要があるため、これを見れば適正な手続きに基づき計算されているかどうかがすぐに判断できます。万が一減価償却費を計上していなければ、当期償却額の欄がゼロになるため、融資審査の際に金融機関は粉飾決算を見抜くことができるのです。

税務上、任意償却と定められているケースもあり、非資金損益項目にも該当することから、しっかり計上されていないことに対しては、融資審査には大きなマイナスになる事は少ないです。しかし非資金にして黒字化しているケースも見られるものの、銀行融資に関しては全く意味のないことであるためやめておいた方が良いでしょう。

②接待交際費の未計上

そして2つ目にあげられるものが接待交際費の未計上です。これは実際に支払っている経費をなかったことにするものです。経費の未計上を会計上の仕分けで表した場合には、接待交際費1万円、現金1万円と表します。実際に会社のキャッシュが出ているので、経費がなかったことにしても、現金が外部に流出していることには変わりありません。

ではどのようにして経費がなかったことにするのかというと、そもそも仕訳をしない方法が1つ目です。そして2つ目が役員貸付金と言う形で仕訳を行います。現金が流出する事実は変わらないものの、接待交際費は会社の経費とは関係ない部分で個人的な支出として一時的に貸していると言う形をとるのです。これに関して銀行側の視点は、信用しない傾向にあるでしょう。実際に支払っている経費を未計上にしているのであれば、銀行融資は完全にアウトの判断です。企業側が経費の実形状はないと主張するしかないものの、詳細な説明を求められ、銀行側の心証は悪化は悪化するはずです。

③在庫の調整

3つ目に挙げられるものが在庫の調整です。これも粉飾決算の際の定番中の定番の手法と言えるでしょう。決算書の貸借対照表において、在庫は棚卸し資産と記載されます。損益計算書においては売り上げ原価として経費に落とすことができる分は、売れた分だけなのです。これは単純なものであり、決算期の直前に多くの在庫を仕入れたとしても、売れなければ売り上げ原価を減少させることができません。多くの商品を仕入れても売れなければ経費に落とすことができません。商品は損益計算書とは異なり、棚卸し資産として計上されて、来期以降への繰り越しです。多くの小売店、コンビニや飲食店などにおいては、決算の際に棚卸しを実施することになるものの、在庫管理をしっかりと行うことができている会社の場合には、毎月月末にカウントをして、仕入れにカウントするの取り消しを行います。

③-1 銀行はどのように見抜くのでしょうか?

銀行側は在庫の調整による粉飾については、在庫の回転期間を計算することにより判明させます。最後の回転期間を計算しても在庫のかさましをすることで、極端な変化が生じることからすぐに判明することでしょう。在庫調整が判明すれば銀行融資に関しては完全にアウトの判断となってしまいます。