ChatGPTが医師の診療に革命をもたらす?

スタンフォード大学教授はChatGPTを支持

カイザー・パーマネンテの元CEOであるスタンフォード大学医学部教授であるパール氏は、ChatGPTのような自然言語処理技術を医師が使用することを支持しています。彼は、高品質の医療を提供する医師は、ChatGPTを使用しないことはないと述べています。

パール氏は、自身はもう医療行為を行っていないものの、ChatGPTを使用して患者のケアや手紙の作成、アイデアの共有などに使用する医師がいることを知っています。また、パール氏は、医師たちがChatGPTを使用して健康増進に役立つ多くのアプリケーションを開発することができると考えています。

言語モデルが医療業界に変革をもたらす

言語モデルは、医師や弁護士、プログラマーといった職種において、新たな可能性を示しています。言語モデルを活用することで、デジタルカルテの情報を発掘したり、長文の専門的なメモを要約したりすることができます。ただし、医師を騙したり、誤った診断や治療計画を提供することがあるため、注意が必要です。

企業は、医学部試験をベンチマークにして、より高性能なシステムを開発する競争に臨んでいます。Microsoft ResearchやOpenAI、マサチューセッツ総合病院、AnsibleHealthなどが、高精度の言語モデルを発表しています。また、エピック・システムズは、電子カルテのトレンド検索にOpenAIのGPT-4を利用する計画を発表しています。

ChatGPTの懸念点

AI技術は、医療業界において有用なツールとなる一方で、偏りや誤った情報を提供する可能性もあるため、慎重な使用が必要です。ハーバード大学で公衆衛生学の講師を務めるヘザー・マティは、ChatGPTが提供する情報に慎重な姿勢をとっています。ChatGPTは、100%正しい情報を提供できない可能性があり、特定の疾患の診断やスコアリングにおいて、人種や性別に偏りがあることが懸念されます。また、ChatGPTが異なる情報源から得た矛盾する情報をどのように調整するかや、どの情報が適切であるかを判断する際の責任が問われることもあります。

しかし、マティ氏は、ChatGPTがテキストの要約などのタスクに役立つツールとして使用されることは可能であると考えています。ただし、ユーザーがChatGPTの限界や制限を理解し、慎重に使用することが重要であると強調しています。

まとめ

医療業界において、言語モデルの使用が広がりつつあります。医師たちは、デジタルカルテの情報発掘や専門的なメモの要約、患者の診断方法のアイデア共有などにChatGPTを活用することを望んでいます。しかし、偏りや誤った情報を提供する可能性があるため、ChatGPTの使用には慎重な姿勢が求められます。今後、より高性能な言語モデルが開発され、医療業界においてより多くの可能性をもたらすことが期待されます。

オンライン講座の紹介

最新のAI技術を使って、業務をよりスマートに行いたいと思いませんか?そんなあなたにおすすめなのが、ChatGPT・最新AI講座です!

この講座では、ChatGPTをはじめとする最新のAIツールを使いながら、実践的な方法を学ぶことができます。ビジネスやブログ記事、スライド資料、データ分析など、用途に合わせたAIツールの活用法を提供し、最適なプロンプト作成術を身につけることができます。

もし、あなたがAIに興味がある、または業務をより効率的に行いたいと思っているなら、ぜひこの講座を受講してみてください。きっとあなたの業務の効率化につながる知識が身につくことでしょう。講座の詳細はこちらからご確認ください 。

→Udemy講座:【超実践的!】【ビジネスマン向け】ChatGPTを中心に最新AIツールを使いこなすためのわかりやすい講座